10月振り返りあれこれ

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

前回、記事を書いたのが9月末、気が付けば10月末になっていました。早いものです。

そんなことで、10月の振り返りをしてみようと思います。

コロナは気にならない人が増えた?

コロナ全盛期の時期から比べると、新規のお問い合わせが増えています。

コロナだから自粛しようというムードから、必要な対策を取れば経済活動をしてもOKといった雰囲気が醸成されているからかもしれません。実際にGotoキャンペーンで皆様旅行に行かれているようですしね(僕は全く行けてません)。

過剰に意識しすぎることなく生活すればOKという雰囲気があれば、コロナで経済停滞ということもなくなりますよね。ただ、ヨーロッパではコロナ第二波が来ているようなので引き続き注意が必要です。

良い話1/M&A関係

M&Aの話がずいぶん増えてきました。澤田公認会計士・税理士事務所としては、ストラクチャー構築や財務DD等で関与させていただける事例が増えました。

守秘義務があるので多くは語れませんが、愛知県内で売りたいなという相談も増えてきています。経営者の平均年齢が増加傾向にあるのは周知の事実だと思いますが、コロナに関係なくM&Aニーズは広がっていくのかなと。

私としてはM&Aについては可能な限り協力していきたいと思いますので、今後もご相談お待ちしております。規模の大小は問いません~。

良い話/税務顧問

税務顧問のご相談もいただいております。これは本当に感謝しかないです。ご紹介いただいた方には頭が上がりません。本当にありがとうございます。

ソフトウェア、IT業界のお客様からは新しい刺激をいつもいただいております。そんなのあるんだね、という新しい発見というか知見をいただけるので非常に勉強になっています。

最近はUI/UXデザイナーの方が世界的な賞を受賞したとのことで、素晴らしいの一言。世界レベルって、さすがだなと。これから益々のご活躍を期待しています。

素敵なクライアントの方ばかりで本当に幸せ。

業務提携の問い合わせは意図がよくわからない

業務提携のお問い合わせを沢山いただきます。

SEO、M&A、保険、他の会計事務所からの業務提携?この辺りの領域です。

不動産関係の方はDMです。WEBからの問い合わせはありません。業界の特徴を表していて面白いのですが、全部郵便で届きます。

M&Aや他の会計事務所からの業務提携についてはお話を聞くものの、M&Aの売り案件ありませんか?やお客さん紹介してくださいなので、進捗させるのが難しいです。会計事務所の業務提携も正直よくわからない…自分でスキーム等検討してください。

保険は必要な時にはお願いするでとても重要だと思っています。

M&Aを例にすると

M&Aの提携がすぐには難しい理由をいくつか紹介します。

M&Aの売り案件は先方が期待しているものをすぐに出せるわけではない…あるときもあるし、ない時もあります。タイミングの問題が大きいです。

M&Aのプレイヤーとしても質もわからないのに大切なお客様を紹介するのは難易度が高い。

不動産売買を同じ感じでM&Aを考えている人が非常に多い。もちろん、不動産売買も難易度高いと思うのですが、同列にするのはちょっと違うのかなと。不動産の売買と中古車の売買が異なるように、売買対象物が異なれば必要とされる知識、技術が異なるはずです。

中小企業のM&AやスモールM&Aが一般に広く認知されるようになってきたため、M&Aに関与するコンサルタントの方も増えてきました。ただ、M&Aの基礎知識が欠けている方が多いのも事実。そうですよね、会計、税務、会社法、登記実務、各種許認可等、労務も必要なので、全部マスターするのは無理です。ハードルが高すぎます。

知識が欠如している方に案件紹介をするのは難しいなというのが正直なところです。

知人の税理士事務所はXXXX円という話

先日、見積もりを出したときに言われた言葉です。

「知人の税理士事務所からはXXXX円といわれました。」

え??はい、そうですか、としかこちらからは言えません。

何を期待しているのでしょうか。知人の税理士事務所がXXXX円だから、、、僕はいったいどうしたらいいの?となってしまいます。安くしてほしいの?見積もりが高いってこと?知人の税理士の報酬よりも安くなると期待していた?そうであれば事前に伝えてほしかったです。

税理士報酬の相場って、XXXX円だと思うんですよ、と言ってくる方も同じです。何を期待しているの(安くしてというメッセージだとは思うのですが)?いや、自分のビジネスに置き換えてみなよ、それ結構失礼なこと言ってるぞ。

うちのは簡単だから案件

簡単にできると思います。といわれることも多いです。

簡単にできる。。。?

簡単にできるかどうかは、僕が決めます。何をもって簡単と言っているのでしょうか。これ結構イラっときます。簡単なのに悩んでいるのはあなたご自身では?

「簡単であれば、ご自身でどうぞ。」が僕の結論です。お互いの時間も消費しませんし、僕に責任も生じないのでお互いに幸せ。

まとめ

良い話が増えてきた一方で、意図のわからない業務提携の相談、先方にしかメリットのない話が増えてきています。面談後に何だったんだろう?と思うこともしばしば。この類の話はどうしたらいいのでしょうね。よくわからんです。

10月は忙しくさせていただいたおかげであっという間でした。私にお話を下さる皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。引き続きどうぞよろしくお願いします。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。