2020年5月最終日。

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

2020年1月から始まった税理士業務のビジーシーズンがひと段落です。

2020年は従来のビジーシーズンとは少し異なりました。

全てはコロナが影響しているのですが、、、備忘のためにもここにメモしておきたいと思います。

個人の確定申告の申告期限の延長

いままで不変の申告期限であった3月15日が、コロナの影響で4月16日まで1か月延長されました。

コロナの影響があったとしても確定申告の期限は延長されることはないと考えていた私にとっては衝撃的でした。コロナが経済社会に与えるインパクトがそれだけ大きかったということです。

さらにコロナの影響がある場合は4月16日以降に確定申告書を提出したとしても期限内申告として認められるという例外も。何が何だかわかりません。

給付金等の対応

緊急事態宣言が発動され、三蜜を避ける、STAY HOME、リモートワークが推奨されました。電車はスカスカ、飲食店もほぼ閉店という、完全自粛モードでした。

経済活動がストップしているので、政府から、コロナ対策として様々な給付金等が公表されました。

持続化給付金、日本政策金融公庫のコロナ融資等、家賃補助までも。一律に受給できるわけではないため、対象になる方、対象にならない方の判断等をさせていただきました。

2月決算、3月決算

2月決算と3月決算がありました。3月決算の申告期限は5月です。

このため一般的な税理士事務所は1月から5月までが繁忙期とされています。なぜか日本の企業は3月決算が多いのです。大企業だけではなく中小企業も例にもれず、3月決算が多い印象です。設立が4月以外の場合も、決算は3月!という印象が強いからでしょうか…

まとめ

100年に1度といわれる未曽有の事態。第2派が来ないといいのですが、5月28日のニュースでは再びクラスターか?という話が登場していました。深刻な事態にならないと良いのですが…1日も早く、半年ほど前の好きなところへ好きな時間に好きなタイミングで行くことができた、あの日々が戻ってくることを心底願っています。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。