車は償却資産税の対象?

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

1月末は償却資産税の申告期限です。

償却資産税の対象に「車両」は対象になるのでしょうか?

自家用車は償却資産税の対象外

償却資産税の対象から自家用車は除かれています。

そのため、自家用車は償却資産税の対象外となります。

名古屋市のホームページには、自動車税、軽自動車税の対象になる乗用車、トラック等は対象外と明記されています。

法人所有の乗用車は、償却資産として申告することはないということです。

リースであっても同様です(リースの場合所有権がリース会社にあるケースがほとんどなので、そもそも申告義務がありません)。

対象になるのはブルドーザー等

車両のうち、償却資産税の対象となるのは、 大型特殊自動車に該当するブルドーザー、クレーン車、フォークリフト等や台車等です。

大型特殊自動車のナンバープレートの分類番号が「0」「00から09」「000から099」「00Aから09Z」「0A0から0Z9」「0AAから0ZZ」及び「9」「90から99」「900から999」「90Aから99Z」「9A0から9Z9」「9AAから9ZZ」となっているもののようです。

まとめ

償却資産税の申告は年に1回しかないので、償却資産の対象か即時に判断するのは難しいです。

私も質問されたときは、、、「あれ?どっちだっけ」となってしまいました。

固定資産を購入した都度ごとに償却資産の対象か否かを判断しておけば、1月になって慌てなくて済むのでお勧めです。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
中小企業のM&A、事業承継、スタートアップ支援を得意としています。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。

代表プロフィール

【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
スポット対応
個別コンサルティング業務

◇メール、チャットワーク対応がメインの顧問契約「コスト重視プラン」始めました。

このような方がコスト重視プランの対象です

・毎日忙しく、税理士と面談する時間がない
・直接会って面談するよりも、メールやチャットで気軽に質問できるほうが望ましい
・別に税理士には会わなくていいので安くしてほしい

といった要望にお応えし、コスト重視プランを始めました。



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする