【確定申告】確定申告に必要な資料一覧

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

12月になり、確定申告の季節が近づいてきました。

本日は、確定申告に必要な資料のご紹介です。

澤田公認会計士・税理士事務所でも確定申告の受付中です。年内にお申込みいただければ、早期申し込み割引を実施中です。

確定申告はお任せください! 澤田公認会計士・税理士事務所は確定申告のご相談にも対応しております。 ・単発での依頼が可能 ・公認...

広告

必要資料①:所得の計算

個人事業主の事業所得に関するもの

  • 売上の確認資料(売上一覧表、請求書、売掛金明細等)
  • 経費の確認資料(経費一覧表、領収書、買掛金、未払金一覧等)
  • 固定資産台帳
  • 通帳の写し
  • 現金出納帳
  • その他振替伝票等(あれば)
  • 期末棚卸残高のわかる資料

給与がある場合

  • 源泉徴収票

年金収入がある場合

  • 公的年金等の源泉徴収票

株式の売却益がある場合

【上場】

  • 特定口座の年間取引報告書

【非上場】

  • 売買契約書
  • 取得価額のわかる資料
  • 譲渡に要した、経費がわかる資料(M&A仲介会社に支払った仲介手数料等)

不動産賃貸収入がある場合

  • 収入が確認できる資料(賃貸借契約書、収入管理表)
  • 固定資産税の領収書
  • 火災保険の領収書
  • 不動産管理会社に支払った際の領収書
  • 不動産修繕費に係る領収書
  • 通帳の写し
  • その他経費が把握できる資料

配当収入がある場合

配当の種類や収入金額及び源泉徴収税額のわかる資料が必要です。

  • 配当等の支払い通知書
  • 配当金の計算書類

*非上場会社から、出資の払い戻しを受けている場合等も配当とみなされるケースがあるので、会社を清算した方、保有する株式を会社へ売却した方等は注意が必要です。

退職所得がある場合

  • 退職所得の源泉徴収票

不動産の売却益がある場合

  • 不動産売却時の契約書
  • 売却に関する仲介手数料、登記費用等の領収書
  • 不動産取得時の契約書
  • 購入に関する仲介手数料、登記費用等の領収書
  • 不動産の登記簿謄本

仮想通貨売却益(ビットコイン等)がある場合

  • 仮想通貨の売買履歴のわかる資料

FX等による収入がある場合

取引ごとに次の項目が分かるもの

  • 取引の種類、決済年月日、決済の方法
  • 差金等決済に係る利益又は損失の金額
  • 譲渡による収入金額、その他の収入
  • 差金等決済に係る委託手数料
  • 譲渡による収入金額に係る取得費
  • その他の必要経費の細目

臨時的な収入がある場合

  • 生命保険等各種保険の解約一時金の把握できる資料
  • 講演料・執筆料の内容がわかる資料
  • 印税収入の確認資料
  • 賞金や懸賞当選金

必要資料②:所得控除に関するもの

社会保険料

  • 社会保険料(国民年金保険料等)の支払いがわかる資料
  • 国民年金・国民年金基金の支払証明書
  • 後期高齢者医療保険料、介護保険料も対象です。

生命保険料控除

  • 生命保険料の支払いのわかる資料

小規模企業共済等掛金控除

  • 小規模企業共済等掛金控除証明書

地震保険料控除

  • 地震保険料控除証明書(旧長期損害保険料の控除証明書)

医療費控除

  • 医療費の領収書
  • 保険金等で補填されたことがわかる資料
  • 健康保険組合等が発行する「医療費のお知らせ」

ふるさと納税等の寄附金控除

  • 寄附金額の証明書や領収書

住宅借入金等特別控除

  • 登記簿謄本
  • 金融機関から交付される、住宅ローンの年末残高証明書
  • 売買契約書、請負契約書の写し
  • 住民票の写し

親族に関する情報

  • 親族の氏名、続柄、生年月日、同居・別居、障がいの有無
  • 配偶者および親族の源泉徴収票
  • 配偶者の所得金額のわかるもの

その他

  • マイナンバー
  • 還付される税金の受取口座

まとめ

確定申告は、個人事業主にとって、1年の総まとめです。

売上、経費を漏れなく計上し、税務調査がいつきても大丈夫なように確定申告書を作成しましょう。

澤田公認会計士・税理士事務所では確定申告業務を受付中です。

確定申告書は自分で作成するが、内容の確認をしてほしいというご依頼も受け付けておりますので、お問い合わせフォームよりご連絡いただければと思います。

確定申告はお任せください! 澤田公認会計士・税理士事務所は確定申告のご相談にも対応しております。 ・単発での依頼が可能 ・公認...
お問い合わせはこちらからどうぞ。 業務のご依頼等、お気軽にお問い合わせください。 原則1営業日以内にご連絡をさせていただ...

広告

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
中小企業のM&A、事業承継、スタートアップ支援を得意としています。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。

代表プロフィール

【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
スポット対応
個別コンサルティング業務

◇メール、チャットワーク対応がメインの顧問契約「コスト重視プラン」始めました。

このような方がコスト重視プランの対象です

・毎日忙しく、税理士と面談する時間がない
・直接会って面談するよりも、メールやチャットで気軽に質問できるほうが望ましい
・別に税理士には会わなくていいので安くしてほしい

といった要望にお応えし、コスト重視プランを始めました。



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする