【節税?】Suica/manacaにチャージで経費になる?!

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

みなさまはSuicaやmanaca(マナカは中部地方限定のやつです。東京のPASMOに該当するものです)を利用していますか?

ご存知の通り、Suicaやmanacaは、一度、現金をICカードにチャージしてから利用します。

Suicaかmanacaにチャージすれば節税し放題だ、節税って簡単じゃん!儲かった分で奢ってよ、と友人にたびたび言われます。

さて、本当にチャージした段階で経費として認められるのでしょうか。

広告

チャージしただけでは経費として認められない

残念ながら、Suicaやmanacaにチャージしただけでは経費として認められません。

現金が、ICカードの電子マネーに姿を変えただけで、自分の手元にある現金及び現金同等物はチャージ前後で不変だからです。

【チャージ前】

現金:2000円

↓<1000円チャージ>

【チャージ後】

現金:1000円

ICカード残高:1000円

チャージ前も後も、コンビニでは2000円分買い物ができることに変わりはありません。これが現金及び現金同等物は2000円で不変という意味です。

チャージ”後”に事業に関するものを購入すれば経費になる

それではSuicaやmanacaにチャージしたお金はいつ経費になるのでしょうか。

その答えは、事業に関連したものを購入したタイミングで経費になる!です。

現金で事業に関するものを購入した時と同じです。。。

フリーランスや個人事業主の方が年度末の12月にどれだけの大金をSuicaやmancaにチャージしたとしても、実際に使用しなければ経費にはならないのです。

まとめ

Suicaやmanacaに大量にチャージすると、手元から現金がなくなるので経費として認められるのではないか??!!やったぜ!とお思いになった方もいらっしゃるかもしれませんが、残念ながらそうではありません。

ICカード残高が増えるだけです。

個人事業主であれば、事業に関連する書籍を購入した時、カフェで作業をする時の支払いをした時などにSuicaやmanacaで支払いをすることで、やっと経費として計上できるのです。

チャージしただけでは私は儲からないし、奢る原資も発生しません。。。

ICカードを使うと現金を持ち歩かなくてよいので非常に便利です。経理の方法だけ勘違いしないようにご注意ください!

広告

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
中小企業のM&A、事業承継、スタートアップ支援を得意としています。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。

代表プロフィール

【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
スポット対応
個別コンサルティング業務

◇メール、チャットワーク対応がメインの顧問契約「コスト重視プラン」始めました。

このような方がコスト重視プランの対象です

・毎日忙しく、税理士と面談する時間がない
・直接会って面談するよりも、メールやチャットで気軽に質問できるほうが望ましい
・別に税理士には会わなくていいので安くしてほしい

といった要望にお応えし、コスト重視プランを始めました。



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする