経営管理(財務コンサル、会計コンサル)と税務顧問の話

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

一般的な税理士事務所と言えば、税務顧問がメインだと思います。

税理士事務所を経営して、数年経つと、それは税務顧問ではないな…経営管理全般の話だな、税務範囲を飛び越えているなというケースが多々出てきます。

このようなケースでは私としては、税務顧問契約とは別に経営コンサルティング/財務コンサルティングといった経営管理業務を別途締結してサービス提供させていただいております。

具体的に、税務顧問との違いを比較してみます。

一般的な税務顧問

一般的な税務顧問と言えば、以下の業務がメインです。

  • 法人税の申告書の作成
  • 地方税申告書の作成
  • 消費税申告書の作成
  • 質問対応
  • 月次試算表のチェック(税務の目線から)
  • 年末調整
  • 法定調書の作成
  • 償却資産税申告書の作成

もちろん、税務的な視点からのアドバイスは行いますが、あくまでも税務の面からだけです。これには明確な理由があり、経営に関しては経営者が一番詳しい(はず)という大前提が私の中にあるためです。

経営コンサル/財務コンサル/経営管理

税務以外のご相談は経営コンサルティング、財務コンサルティング、経営管理等といった名称でサービス提供させていただいております。

税務以外の会社経営に関することに対応可能です。

具体的な内容としては、事業計画書の作成、予算の作成、予実管理、M&Aの検討、IPO準備等といった事業会社における経営企画部の仕事をイメージしていただければ十分かと思います。

社内に経理部はあるが、社長直轄で会社全体に関する財務について相談する人が欲しいケース等でご活用いただいております。

ベンチャー企業向けには「社外CFO」として、会社経営に関するお金の管理、金融機関やベンチャーキャピタルとの窓口代行、面談への同席等を行っています。

■社外CFOサービス

社外CFOサービスは、税務顧問サービスと同様に会社の規模や訪問頻度に報酬がわかってきます。 報酬の目安: 売上5000万円未満・・・月...

人的リソースが不足しているベンチャー企業、スタートアップ企業においては、プロパーのCFOを採用するまでの橋渡し的な役割としてご活用いただくケースが多いです。

会社成長する段階で、徐々に対応すべき事項は増えていきます。

-新サービスの開発においては、弁護士とのやりとり。

-従業員の採用については、社労士とのやりとり。

-資金調達の場面では、銀行やベンチャーキャピタルとのやりとり。

全てを経営者1人で対応するのは不可能です。ベンチャーキャピタルとのやり取りでは投資契約書や優先株や残余財産等といった今まで聞いたことがないようなワードが飛び交います…

わけがわからない状態でも前に進まなければならない状態を少しでもサポートし、経営に集中してもらうことをメインのミッションとしています。

経営管理人材が不足している

スタートアップやベンチャー企業の経営者と話していると、よく話題になるのが、いいバックオフィスの人いない?という話。

経営管理ができる人材は、多くはないです。

経理だけできる人も、市場には多く出ていません。

経理がわかって、税法がわかる人はもっと少ないです。

経理ができて、税法に理解があり、会社法にも理解がある人はますます少ないイメージです。

これに労務や法務も加わってくると、もはや対応可能な正社員を雇用しようとするのは難しいのではないかと思います…特に東海地方をはじめとする関東以外の地域では。

未経験者を育てるんだ!というのも選択肢の一つではあると思います。しかし、正しい判断を継続して下していく必要のある経営管理業務を未経験者一人に任せるのは荷が重くはありませんか。

理想としては、経理経験者は一人は確保したいところです。

ちょっと早いかな、というタイミングでも良いと思います。良さそうな方がいたら積極的に採用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

税務顧問と経営管理全般に関するコンサルティングは似て非なるものです。税務は税務で奥が深いし、経営や財務はそれはそれで範囲が広い。

そしてマンパワーに限りのあるスタートアップが全てを内製化することは基本的には不可能なので、社外で対応できる場合は社外のリソースを活用してみてはいかがでしょうか。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。