高所得者と住宅ローン控除

住宅ローンを組んでいる方は、住宅ロー控除を毎年適当していると思います。

この住宅ローン控除には所得制限があるのをご存知でしょうか?
住宅ローン控除は合計所得金額が3000万円を超えると適用できなくなります。
年収ではなく、合計所得金額という点がポイントです。
合計所得金額とは、総所得金額、上場株式等の配当等に係る配当所得について、申告分離課税の適用を受けることとした場合の当該配当所得の金額(上場株式等に係る譲渡損失の損益通算の適用がある場合には、その適用後の金額)、特別控除前の分離課税の長(短)期譲渡所得の金額、株式等に係る譲渡所得等の金額、先物取引に係る雑所得等の金額、山林所得金額及び退職所得金額の合計額のことです。

つまり、給与所得だけではなく退職金を沢山もらった年や、株式譲渡で多額のキャピタルゲインを得た場合の所得も含まれることになります。
ただし、翌年以降に合計所得金額が3000万円以下になるような年については住宅ローン控除が適用できるので、ご留意ください。
趣旨は高所得者まで住宅ローン控除の恩恵を受けさせてはあげませんよ、ということです。
||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||
今日は美濃味匠の天むすを始めて食べました。とても美味しいので一度食べてみてください!
1日1日新
美濃味匠の天むすと焼きたらこオニギリ

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする