バックオフィス人材は採用困難!税理士や社外CFOに依頼できることは依頼しよう

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

税理士業務が忙しい1月です。

12月に年末調整が完了していない場合は、年末調整の続きがあります。

償却資産税の申告もあります。法定調書も作成しなければなりません…

確定申告の連絡や資料が届いたりする時期です。

2月や3月の確定申告真っただ中という時期よりも、今が一番いそがしいのではないか?そんな気がしてしまいます。

まぁそんな1月なのですが、最近、バックオフィス人材不足を肌で感じているので、そのお話しです。

バックオフィス人材がいないなと肌で感じている

私が現在お付き合いさせていただいているクライアント(顧問先)は、売上が数十億円のところから売上が数万円といったところまで、幅広です。

クライアントの社長や経理の担当者の方とお話ししていると、

「バックオフィス人材がいないんですよ、誰かいませんか?」と質問されることが本当に多いです。

売上がゼロに近かろうが、数十億円単位で売上があろうが、共通しているのです、バックオフィス人材がいないという点が。

ベンチャーにはバックオフィスが特に不在…

さて、澤田公認会計士・税理士事務所はベンチャー支援が大好きです。

なぜ?その理由は簡単です。

・みんな一生懸命

・起業家の皆様が年齢が近い!

・応援したい!

この3つが大きな理由です。

元気!頑張れ!と言っているだけではダメでして、ベンチャーやスタートアップであっても、バックオフィス業務は存在します。

とはいえ、有能な経理人材を採用する資金もなければ、オフィスも狭い!

これでは採用したくても採用できません…

それでは、誰がバックオフィス業務をやるのか?という話になります。

個人的にはアウトソースできるものについてはアウトソースするのが一番良いと思います。

アウトソースと一言で言いましたが、将来的に自社で対応可能なように、完全に投げっぱなしにしないような形にするのがよろしいかと思っています。

バックオフィス業務というものは、属人化しやすい要素を多分に秘めています。属人性を排除するためにも、投げっぱなしにするのではなく、業務内容を教えてもらいながら習得していくというイメージでしょうか。

社外CFOサービスは、税務顧問サービスと同様に会社の規模や訪問頻度に報酬がわかってきます。 報酬の目安: 売上5000万円未満・・・月...
澤田公認会計士・税理士事務所は20代~30代の起業家を応援します 20代~30代起業家応援キャンペーンを実施中!!! 【業務の質を落とさ...

絶対に放置しない。

バックオフィスの業務、代表的なものが領収書の整理から始まる、記帳、社会保険、登記等です。

ありがちパターン:リカバリー可能

よくありがちなパターンとしては、顧問税理士と契約するまでの処理を全く何もしていないというもの。

この場合は、領収書さえ保管してあればリカバリーが可能なので、あとは頑張り次第です。

自分で調べて頑張るか、税理士に記帳代行料を支払って、税理士にお願いしましょう。

お金払わないけど、税理士にやってもらおうと考えている人は、起業する資格なし。

こんな人は要注意

最悪なケースが、独自で記帳しているパターンです。

freeeを使われているケースが多いです。freeeの会計ソフトがダメなわけではありません。使いこなせれば素晴らしいと思いますが、使いこなせていない人が多すぎるということです。

そしてfreeeで一旦入力された取引を修正するのは、超絶めんどくさい

この場合は一度全て削除して、やり直しするのがベストですね。

税理士との契約は早めに!

会社を設立したら、税理士との契約は本当に早めにした方が良いです。早くしないと、会社がぐちゃぐちゃになります。

一度ぐちゃぐちゃになったものを元に戻すのは大変。先ほどのfreeeの話じゃないですけど、大変なんです。

なぞの管理用のスプレッドシートや計算式が間違っている給与計算シートというものを数多く見てきました…他人が作成したスプレッドシート程見ていて苦痛なものはありませんからね(解読できない)。

早めに税理士と契約すれば(少なくとも澤田公認会計士・税理士事務所では)、最適な方法をお伝えすることが可能です。

バックオフィス業務は、最小の作業量で、正確に、かつ、再現性のある方法で行うことが原則です。

バックオフィス業務全体のモニタリングを行う業務、予算作成のサポート、資金調達時の要検討事項の確認、社外CFOとしての役割等の業務を澤田公認会計士・税理士事務所では提供しています。

まとめ

会社を設立した後は、法律で決められたやるべきことが非常に沢山あります。

スタートアップ企業は一般的にマンパワー不足。専門家をうまく活用してください!

どうでもいい話ですが、今日税理士会館へ行ってきました。私服で行ったのがダメだったのか、まさかの「税理士さんですか?」と質問されるという…ちょっとショック!

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。