【不動産】資産管理会社は合同会社で十分。株式会社にするメリットは代表取締役という肩書。

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

資産管理会社を設立することで、多様な節税対策が可能になります。

本日は、資産管理会社の設立を検討している方から必ずと言っていいほどいただく質問です。不動産投資を行っている方からも、仮想通貨投資を行っている方からも、株式投資を行っている方からも満遍なく質問されます。

「株式会社にすべき?合同会社でもいいの?」

株式会社と合同会社について解説します。

株式会社?合同会社?メリット・デメリット

資産管理会社の設立を検討すると、まず直面するのが、株式会社以外にも、合同会社(ゴウドウカイシャ)等があり、どれにすべきか、という問題。

株式会社と合同会社の違いがあるのか?とお思いの方がほとんどだと思います。

まず、株式会社と合同会社の違いをご紹介します。

株式会社合同会社
法人格ありあり
役員株主≠役員株主=役員
定款認証必要(5万円)不要
定款の印紙代

電子認証の場合は不要です。

必要(4万円)必要(4万円)
設立時の登録免許税最低15万円6万円
役員の任期10年(最長)なし
決算公告義務ありなし

合同会社設立のメリット

合同会社を選択する最大のメリットとしては、設立時のコストが非常に安いことです。

定款を電子認証してもらえば、設立コストは6万円のみです(株式会社は最低20万円)。

その他のメリットとしては、決算公告義務がない(日本の中小企業は決算公告をしていませんが。)、役員の任期がないこと等があげられます。役員は任期満了後、再任される場合等には役員登記をする必要があり、その都度登記コストが必要なのです。

つまり、合同会社は会社を安く設立でき、管理が非常に簡単なのです

合同会社のデメリット

メリットしかないように思える合同会社ですが、デメリットはあるのでしょうか。

・デメリット1:役員=出資者である必要がある

合同会社のデメリットとしては、出資者以外の者を役員にすることができません。つまり、合同会社の役員になりたければ、出資をしなければならないのです。

株式会社は出資者と役員は別々で問題ありませんから、この点が大きく異なります。

・デメリット2:知名度がない

もう一つのデメリットは、この記事をご覧になっている皆様も気になったであろう点。

いまいち聞きなれない…

つまり合同会社には知名度がないことです。

実は、日本のP&Gやアップルは合同会社です。と考えれば、合同会社でも問題ない気がしませんか?

・デメリット3:代表取締役ではない

気にする方は気にする問題です。気にしない方はまったく気にしないようですが。

株式会社の取締役のうち、会社を代表する者は、代表取締役です。

略して「代取」と呼んだりします。

代取って響き、カッコいいですよね。名刺にも「代表取締役」と記載してあると凄そうなイメージがわきます。

合同会社の場合、代表取締役になれないのです。これがデメリット3です。

株式会社の代表取締役に相当するものは、合同会社の場合は代表社員です。会社法を知っている人からすれば特段問題ないのですが、知らない方からすると従業員の代表か?と思われることがあります…

どうしても「代表取締役」というという肩書が欲しい方は株式会社を選ぶしかありません。サラリーマン大家やサラリーマン投資家さんであれば、代表取締役という肩書の名刺が持てるので、個人的には株式会社にするのは全然ありだと思います。

税務上の取扱い

株式会社と合同会社は税務上の取扱いには大きな違いはありません。

税務上の取扱いに注意が必要なのは、合同会社の出資の評価が定款の定めによって評価方法が異なる点です。

「社員が死亡した場合であっても退社とはならず、その死亡した社員の相続人その他一般承継人が出資持分を承継する」旨の定款の定めの有無で評価方法が異なります。

■持分を承継する場合

出資として、取引相場のない株式の評価方法に準じて評価します

■それ以外(持分払戻請求権)

持分払戻請求権評価です。つまり、評価すべき持分会社の課税時期における各資産を財産評価基本通達の定めにより評価した価額の合計額から、各課税時期における各負債の合計額を控除した金額に持分を乗じる、、純資産価額によって評価することになります。

まとめ

合同会社と株式会社の違い、ご理解いただけたでしょうか?

社名の前後に”合同会社”と表示されることに違和感がないのであれば、合同会社で全く問題ないと思います。気になるのであれば、株式会社にしましょう。

澤田公認会計士・税理士事務所では不動産オーナー様専用の顧問契約をはじめ、資産管理会社の設立・運営を全面的にサポートさせていただいております。気になる点、質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。 不動産オーナーの中には、資産管理会社(不動産管理会社)を設立すべきか、個人で所...

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務
コスト重視プラン



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする