【確定申告】青色申告の承認申請-年の途中から事業を開始

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

確定申告の期限が着々と近づいてきています。

フリーランス、個人事業主の方の中には、昨年事業を開始したのに青色申告の承認申請書を提出し忘れていた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

青色申告の承認申請書の提出期限について解説いたします。

提出期限

青色申告承認申請書には提出期限があります。この期限を過ぎてから提出すると、翌年からの適用となってしまいますので本当に注意が必要です。

原則:3月15日まで

青色申告の承認申請書は、その年の3月15日までに業務に係る所得の種類等を記載して、所轄の税務署へ提出することになっています。

例外:業務を開始した日から2か月以内

誰もが1月1日から事業を開始していれば問題ありませんが、事業開始の時期は様々です。そのため、1月16日以後、新たに事業所得や不動産所得(山林所得)に関係する事業を開始した場合には、業務を開始した日から2か月以内に、青色申告の承認申請書を提出すれば良いこととなっています。

複数事業の場合は注意が必要

このような場合には注意が必要です。

例1:不動産賃貸業を白色申告で行っているサラリーマンが定年後個人事業を開始

不動産賃貸業を副業(確定申告は白色申告)として営んでいたサラリーマンが定年し、個人事業を開始(仮に9月1日とします)した場合の青色申告の承認申請書の提出期限は、3月15日です。11月30日ではありません。

これは既に青色申告の承認申請書を提出することが可能な不動産賃貸業を営んでいるにもかかわらず、青色申告の承認申請書を提出していないためです。

個人事業主として開業届を提出した9月1日から2か月以内に青色申告の承認申請書を提出しても翌年からしか青色申告者になれませんので、注意してください。

例2:法人が代表者に不動産を貸付していたが、個人成りした

法人成りにはメリットが沢山ありますが、専門家報酬や赤字の場合でも払う必要のある均等割等デメリットもあります。

法人と個人事業主のメリット・デメリットを比較して個人事業主の方が有利と判断することを「個人成り」と呼んでいます。

個人成りした場合の確定申告も注意が必要です。

法人が代表者から不動産の借りている場合(代表者の自宅を法人の事務所としているようなケースです)、代表者個人には不動産所得が生じています。

この不動産所得を白色申告で行っていた場合、個人成りした事業年度の青色申告の承認申請書を提出期限は、3月15日です。

例1と同様、既に青色申告の承認申請書を提出することができる事由が生じているためです。

まとめ

税務の届出書には様々なものがあり、ただ提出すればいいだけでもありません。

思わぬ落とし穴にはまらないように、税理士に相談することをお勧めします。

澤田公認会計士・税理士事務所では個別相談も実施しています。

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...

【確定申告のご相談承っています】

確定申告はお任せください! 澤田公認会計士・税理士事務所は確定申告のご相談にも対応しております。 ・単発での依頼が可能 ・公認...
確定申告はお任せください! 澤田公認会計士・税理士事務所は確定申告のご相談にも対応しております。 2017年に引き続き、仮想通貨に関...
確定申告書の内容確認サービスの提供を開始します。 確認サービスとは? 確定申告書は自分で作ろうと思えば作成できます。 しかし、税法...

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
中小企業のM&A、事業承継、スタートアップ支援を得意としています。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。

代表プロフィール

【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
スポット対応
個別コンサルティング業務

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする