ポジショニングを常に考える

私が得意としているのは会計・税務である。

会計士であるので、会計や税務について詳しいのは当然だし、同僚も当然会計・税務について詳しい。

しかし、会計士ではない人からすると、私たちのもっている知識は有益なのである。我々会計士では医者みたいに薬を処方することができないように。

何が言いたいかというと、現在の場所で特に重宝されることのない自分の知識は、違う場所であれば重宝される可能性が十二分にあるということである。

人から質問を受けるとする。質問してきた人の立場から考えると、XXXに質問したほうが自分で調べるよりも正確な回答が短時間で得られるという思惑が質問者にはあるからである。

自分の強み

自分の強みって何だろう?

自分の強みを持ちなさいと小さいころから言われてきましたが、すぐに気が付く類のものではありません。

周囲にいる人から必要とされる要因が自分の強みだったりします。

例えば、連結決算の仕訳に強いとか、相続対策に強く相続対策の質問をよく受けるとかいうケースであれば、あなたの強みは連結や、相続対策でしょう。

日々漫然と暮らしているだけでは、自分の強みに気が付くことはありません。

他人が自分に求めていること、これが自分の強みですので、他人から質問されたことや頼りにされたことをメモしてみると自分の強みが把握できるのではないでしょうか。

結論

人間、人から頼られることで自信もつきますし、責任感も出てきます。

人から頼られるためには自分の得意分野を理解し、伸ばしていく必要があると思います。

自分の得意分野を見つけることができれば、自分の商売にもつながるはずです。

得意分野は掛け算で考えることで大きな広がりを見せます。

会計×税務×IT×IPO×スタートアップ×事業承継=∞

得意分野をいくつかもつことで、自分だけにしかできない仕事の領域を作っていくことが大切なのではないかと最近感じています。

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。