経営者の方、税理士と話ができていますか?税理士報酬にみるギャップについて。

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

突然ですが、経営者・事業主の皆様に質問です。

顧問税理士と最後に会ったのはいつでしょうか?

もしかして、契約の時だけではありませんか?それで高額な顧問料を支払っているのであれば考え直すことをお勧めします。

税理士事務所の数は非常に多く、普段税理士と接する機会も多くないので何を基準に考えていいのかわからない方が多いと思います。

税理士報酬と顧問契約の関係についてご説明させていただきます。

よくある税理士事務所との顧問契約

税理士事務所との顧問契約を締結するメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 税務相談が気兼ねなくできるようになる
  • 決算や法人の申告についての心配が少し減る
  • 税理士事務所の職員(たまに税理士)が定期的に訪問してくれる
  • 節税等についてアドバイスがもらえる

顧問契約の代表的なものです。事務所によっては、プラスアルファのサービスが提供されていたり、サービスが省略されていたりします。

これが一般的です。

報酬としては月3万円~+決算料です。

記帳代行を依頼すると報酬が嵩む(顧問料とは別に仕訳の分量に応じて1万円/月~)のはやむなしです。依頼している業務量が単純に増加しますから。

経営者の方が会計ソフトと奮闘して入力するのか、お金を払って解決するのかといった経営判断が求められます。

格安税理士事務所の場合

前述したよくある税理士事務所との顧問契約には質問は自由にしてください、といったケースが多いですが、格安税理士事務所の場合はちょっと様子が異なります。

格安税理士事務所は、顧問契約に含まれるサービス内容が少ないです。

例1)質問に追加料金が発生する

一般的な顧問契約であれば、質問は気兼ねなくしてください、という事務所が多いです(当然質問に限度はありますが)。格安税理士事務所の場合は質問が別料金になっています。

1つの質問に回答したら5,000円、急ぎであれば追加で3000円等。

つまり、表面上の顧問料が9,000円/月であっても、最終的には割高…なんてこともあります。

例2)税理士がこない・会えない

税理士事務所と顧問契約を締結したはずなのに税理士と話した覚えがないな、に心当たりはありませんか。

  • 所長税理士に最後にあったのはいつだか思い出せない…
  • いつもくる担当の人は、夏になるといなくなる(税理士試験が夏にあるので)…
  • 試験勉強を頑張っていると担当者が言っていた…

格安税理士事務所は顧問料が安い代わりに、税理士等の資格を有する人が直接お客様の担当をすることは少ないです。なぜならコストがかかるから。

例3)特段アドバイスがない

格安税理士事務所に対する不満としてよく耳にするのは、アドバイスや提案をもらえないということ。

必要最低限のこと(法人税の申告等)しか格安税理士事務所のメニューには含まれていません。質問するだけで追加報酬が発生する程なので。

税務に関するアドバイスが欲しいのであれば、格安税理士事務所との顧問契約は変更することをお勧めします。格安で経営に関するアドバイスが欲しいというのは経営者としてナンセンスですし、格安の人にアドバイスを求めても料金に見合ったアドバイスしかもらえません。

澤田公認会計士・税理士事務所の場合

では、このホームページをご覧の方であれば、澤田のところはどうなの?という疑問が生じると思います。

澤田公認会計士・税理士事務所は、正直、特段安くはありません。

でもそれにはいくつかの理由があり、皆様ご納得いただいております。

税理士・公認会計士である澤田自身が担当

代表の澤田自身が御社を担当させていただきます。そのため、税理士と話したいんだけど…誰と税務顧問契約をしているんだっけ?といったことはなくなります。

税理士変更をご希望の経営者からは、前よりも顧問料が高いと言われるケースもありますが、税理士の有資格者である澤田が担当してくれるのであれば、納得していただける方がほとんどです。

法人税の申告書を作成するだけが顧問業務ではありません。申告書を作成する過程では数多くの判断が必要です。

日々の何気ない小さな判断の積み重ねが、実は、税額に大きく響いてきます。何気ない判断に対するアドバイスを提供させていただいております。

質問は気兼ねなくしてください

税務に関する質問があれば、気兼ねなくしてください。毎日数件の質問、、、等でない限りは顧問報酬の範囲内で対応させていただいています。

法人税・所得税・資産税・事業承継・M&Aと幅広く対応させていただいております。

経営者からいただいた質問に対しても、私自身が責任をもって回答させていただきます。

気になる点があれば、私からアドバイスします

質問は気兼ねなくどうぞ、と言われても、よくわからないから顧問契約をしているんだという方も多いはずです。

多くの経営者の方とお話をしてきた中で、共通して気にしていらっしゃる点を私は熟知していますので、私からアドバイスを提供させていただきます。

税務顧問以外の経営に関するアドバイスもしてほしい!事業承継に関するアドバイスが欲しいという場合は別途ご相談ください。

【参考】

税務顧問サービスの内容について お客様の税務顧問として、適正な税務処理及び節税対策をアドバイスさせていただきます。 単なる税務顧問と...
税務・会計顧問サービス(個人)の内容について 個人事業主・フリーランスとして独立したが税金は苦手。。顧問税理士がいたほうが安心するという方...

まとめ

税務業務なんて、誰に依頼しても同じと考えている方は危険です。

ひとえに税務顧問と言ってもサービスの提供範囲や提供内容は税理士事務所によって異なります。

法律で定められた業務さえしてくれればOKというのであれば、格安税理士事務所に依頼してもいいと思います。

それ以上に税理士や公認会計士の視点からのアドバイスが欲しいのであれば、顧問料は当然それに比例します。経営者の方であれば、ある程度の金額までは報酬とサービスは比例することをご理解いただいていると思います。

税理士事務所によって特徴は様々です。どのような業務を希望するのか、それ次第です。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務
コスト重視プラン



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。

シェアする

フォローする