平成28年税制改正大綱~繰越欠損金

平成27年度の税制改正でも改正があった、欠損金の繰越控除制度について平成28年度税制改正大綱で見直しがされています。

改正前
開始事業年度控除限度額
平成27年4月~平成29年3月65/100
平成29年4月~50/100

改正案
開始事業年度控除限度額
平成27年4月~平成28年3月65/100
平成28年4月~平成29年3月60/100
平成29年4月~平成30年3月55/100
平成30年50/100

改正前と改正案を比較してみます。

控除限度額が50/100まで段階的に引き下げられるのは同じですが、改正案では段階的に控除限度額が縮小されていくようです。

これは現状の法人税率が23.9%→23.4%(平成28年4月1日以降開始事業年度)→23.2%(平成30年4月1日以降開始事業年度)と段階的に引き下げられるのと平仄を合わせているのでしょうか。

個人的には、中小企業の欠損金には相変わらず改正の手が及んでいないようで安心しました(平成30年以降の繰越欠損金から繰越期間が10年になるようですね) 。

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。