【確定申告】2017年分の申告期限は昨日で終わりです。期限が過ぎても提出すべき2つの理由。

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

2017年分の確定申告の申告期限は昨日(3月15日)でした。

みなさま、申告期限内に確定申告書を提出できたでしょうか。まだ、提出できていない方は、期限後提出にはなってしまいますが、できるだけ早めに提出することをお勧めします。

申告期限(3月15日)後であっても確定申告書は提出できます

確定申告書は3月15日を過ぎたとしても、提出は可能です。

多くの方が勘違いしている点です。

3月16日になっても、提出は可能です。

法律で決められている申告の期限が3月15日であり、「受付期限」が3月15日であるわけではないのです。

期限後でも申告をすべき理由1:無申告加算税

確定申告による、申告義務があるにもかかわらず、確定申告書を提出していない場合は、「無申告加算税」が課されます。

無申告加算税は、確定申告によって納めるべき税額に最大20%を乗じて計算されます。

無申告加算税の税率

原則:50万円までは15%、50万円を超える部分は20%

税務調査前に自主的に期限後申告をした場合:5%

調査の事前通知の後にした場合は、50万円までは10%、50万円を超える部分は15%

無申告加算税が課されない場合もあるが、要件を満たしていない場合のほうが多い

次の要件を全て満たせば、無申告加算税は課されません。

1 その期限後申告が、法定申告期限から1月以内に自主的に行われていること。

2 期限内申告をする意思があったと認められる一定の場合に該当すること。

なお、一定の場合とは、次の(1)及び(2)のいずれにも該当する場合をいいます。
(1) その期限後申告に係る納付すべき税額の全額を法定納期限までに納付していること。
(2) その期限後申告書を提出した日の前日から起算して5年前までの間に、無申告加算税又は重加算税を課されたことがなく、かつ、期限内申告をする意思があったと認められる場合の無申告加算税の不適用を受けていないこと。

→税金を納付していれば、期限後申告であってもOK。とはいえ、納税だけ済まして確定申告書の提出が遅れるケースはあまり多くはなさそうですね。

期限後でも申告をすべき理由2:延滞税

無申告だと、延滞税というものが発生します。当然、本来納付すべき税金に加算されるので見過すことができない罰金です。

延滞税の税率は次の期間に応じて税率が異なります。早いうちは税率が低いので早めに納税することをお勧めします。

(1)納期限の翌日から2月を経過するまで

「7.3%」と「特例基準割合+1.0%」のいずれか低い割合です。

平成30年1月1日から平成30年12月31日までの期間は、2.6%です。

(2)納期限の翌日から2月を経過した日以後

「14.6%」と「特例基準割合+7.3%」のいずれか低い割合です。

平成30年1月1日から平成30年12月31日までの期間は、8.9%です。

一年間、無申告で無納付であると、年間8.9パーセントも延滞税がとられてしまいます…

約1割増しで税金を支払う必要があるのす。

ただし、年利8.9%なので、早く納税をすればするだけ、延滞税の税額を低く抑えることが可能です。

期限申告をすべき理由:青色申告の取り消し

2年間連続で期限後申告となってしまうと、青色申告が取り消される可能性があります。

65万円の特別控除や、損失の繰越が適用できなくなってしまうので、ダメージが大きいです

ちなみに、65万円控除は法定期限内に申告することが要件です。期限後申告をしている方は65万円控除は適用できません。

https://swd-tax.com/2017/09/07/post-1349/

青色事業専従者給与という、親族に対する給与の支払いもできなくなってしまいます…デメリットばかりです。

フリーランスの方が青色申告の届出書を提出している場合、一定の要件を満たせば配偶者に給与を支払うことで経費を増やすことが可能です。その結果、節...
青色申告のメリットの1つとして、「青色事業専従者給与」というものがあります。 メリット 簡単に言えば、家族に仕事を手伝ってもらっている場合に...

・純損失の繰越しと繰戻し

事業所得等により損失がある場合位は、損失を以後3年間繰り越すことができる制度です。

青色申告特別控除が適用できなくなりますし、デメリットしかありません…

まとめ

提出期限である3月15日過ぎたとしても、確定申告書を税務署へ提出すれば受け付けてもらえます。

早めに提出すれば罰則金も、1年後に申告書の提出及び納税を行う場合の12分の1になるはずです。

少しでも罰金を小さくしたいのであれば、期限後申告であっても、早めに申告することをお勧めいたします。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。【プロフィール】
プロフィール【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務
コスト重視プラン

公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。