【会計的に考える②】値引きをすると利益は大幅に減る

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。

中小企業の社長さん、会社の営業マンは、値引きしてでも受注しなければ!!と考えている方も少なくないはず。なぜなら、受注ゼロでは売上が立たないから。

売上が立たなければ、話にならん!というのは当然の話です。

ところで、値引き利益の関係を考えたことはありますか?

【前回:値引きと販売数量の関係】

こんにちは。名古屋池下の公認会計士・税理士の澤田です。 ちょっとしたクイズです。 「10%値下げしてくれたら、購入数量を20%増...

数パーセントの値引きが利益に与えるインパクトは絶大

「値引きしてくれたら、この商品を買います」と言われたことはありませんか?

「少しぐらいの値引きで、商品が買ってもらえるのであれば、まぁいいか」と商品を販売したことはありませんか?

その値引きが、利益に与える影響額を考慮したうえでの値引きであれば問題ないです。問題なのは、利益に与える影響を考えず、受注ありきで値引きをしているケースです。

数字を使って検証してみます。

【前提】
・通常の販売価額:10,000円/個

・予定数量:100個

・原価:9000円/個

・販売費等:300,000円

ケース1:通常の販売価額で予定数量商品が売れた場合

売上:10,000円×100個

原価:6,000円×100個

利益:100,000円=売上(1,000,000円)ー原価(600,000円)-販売費(300,000円)

利益率:10%=利益(100,000円)/売上(1,000,000円)

正規の値段で商品を販売できたので、利益率は10%をキープすることができました。

これが会社としてあるべき利益率です。

 ケース2:5%値引きし、予定数量商品が売れた場合

売上:(10,000円-10,000×5%)×100個

原価:9,000円×100個

利益:50,000円=売上(950,000円)ー原価(600,000円)-販売費(300,000円)

利益率:5.2%=利益(50,000円)/売上(950,000円)

5%の値引き(500円×100)しただけで、利益率が5%低下してしまいました。

金額的な影響額でいえば、本来100,000円の利益を計上できたところ、5%の値引きをしただけで50,000円の利益しか残せなくなってしまっています。

たった5%を値引いただけで、利益は50%(100,000円→50,000円) も下がってしまうのです。

気軽に値引きをしてはいけない理由を理解していただけたでしょうか。

1人の社員が数パーセントの値引きを気安くおこなうことが会社に与える影響は計り知れないのです。

まとめ

値引きは、当然ですが、しないのであればしないほうが会社にとってお得です。

何も考えずに、いいですよ5%値引きしますと回答すると、会社の利益率にダイレクトに響きます。

経営者目線をもって仕事すべきだ、という言葉を聞いたことがあると思いますが、これこそまさに経営者目線を持つことの重要性が認識できる事例ではないでしょうか。

【少しだけ相談したい方向けに、スポット相談も実施中です】

顧問契約の他に、会計・税務に限らない、個別コンサルティングも行っています。 個別コンサルティングでは個別税務相談をはじめとし、会計士試...
スポンサーリンク

愛知県名古屋市を中心に活動している池下・覚王山の公認会計士・税理士澤田憲幸です。
創業間もないベンチャー企業やフリーランスの方のサポートに特に力をいれています。
【プロフィール】
プロフィール
【主な業務内容】
スタートアップ支援
事業承継対策
M&Aサービス
税務顧問業務
個別コンサルティング業務
コスト重視プラン



公認会計士・税理士澤田憲幸に問い合わせしてみる

はじめまして。愛知県名古屋市池下の公認会計士・税理士澤田憲幸です。

起業支援、事業承継対策、中小企業のM&Aや組織再編を得意としています。

会社設立直後で税金・会計・財務まで手が回らない経営者の方、今の顧問税理士にご不満のある方、事業承継対策に悩んでいる方、M&Aの話を金融機関等から提案されたが得な話か損する話か判断ができない方は一度ご相談ください。

税務・財務の知識の有無で経営判断は大きく変わってきます。
澤田公認会計士・税理士事務所が貴社のブレインとなって全面的にサポートさせていただきます。